Gesanmedo ――Tibetan Highlands Elementary School Construction Fund NPO

 

・回 族 ・

 回族は、中国におけるイスラム教を信仰する民族集団の一つである。1990年の人口は861万2001人である。回族は、中国各地に「大は分散、小は集中」(大規模な集落は分散し、小規模な集落は集まって居住する)と称されるような分布状態で居住しているが、清真寺と呼ばれるモスク(イスラム教寺院)が居住地の中心に建設されている。つまり、清真寺が回族の生活の中心的な役割を担ってきたのである。

 自称はホイである。中国ではイスラム教徒を回回などと称している。その理由は回鶴(かいこつ)と呼ばれてきたウイグル族が、イスラム教徒に改宗したことに因んでいるとされる。その後、イスラム教徒は回回教徒、略して回教徒と呼ばれるようになった。回族の分布は広く、居住しない省や自治区は見当たらないといわれているが、とくに寧夏回族自治区を中心に、甘粛省、河南省、河北省、福建省、雲南省などに広範囲に分布している。そのうち西安市を境に以西を西北回民、以東を内地回民と称している。西北回民は内地への移住者の供給地であるとともに、イスラム教国の宗教改革運動を直接受ける位置にある。これに対し、内地回民のほうは漢文化を受け、外見上漢族と区別がつかない人々も多く存在する。

 彼らの主要な職業としては、都市部においては飲食業、小売業、金融業などの分野を中心とした商業を独力で行っている人々が目立つが、農村部では、他の民族と同様に、農業に従事する人々が大部分を占めている。

 回族は、1000年を超える長期間にわたり、中国各地で生活をつづけてきた。そのため漢族と混血した人々も多く、身体的特徴や、風俗、文化などに関しては、すっかり漠化したように見えるが、宗教観については一貫してイスラム教によってきた。このように、回族は非常に民族意識に目覚めた集団であった。

明王朝とそれにつづく清王朝時代においては、漢族は、漢化されたイスラム教徒や新彊地区のトルコ系イスラムシュウホイ教徒を、ともに回民と呼んだが、前者を漢回または熟回、後者を纏頭回あるいは生回と、それぞれ異なった名称で呼ぶなどして区別した。回族は習慣として、豚肉を食用としない。そのため、食用としては羊肉があるいは牛肉が中心となる。また、酒などアルコール類の飲料も禁止されているので、回族が経営している食

堂では酒類を提供しない。さらに、男性のほとんどが白あるいは黒色の縁なし帽を被っている。これらの回族に共通した習慣は、すべてイスラム教の信仰に由来するものである。回族と漢族との間では、たびたび緊張した関係が見られ、抗争が生じたこともあった。その例として、太平天国の乱(1851〜64年)に呼応して、主として雲南省の回族が反清王朝の戦いを起こし、一時大理に政権を樹立したことなどがあげられる。イギリス人などの欧米人は、このような雲南省に居住する回族が起こした反乱をパンセーの乱と称した。これはビルマ(現ミャンマー)などでは、回族がパンセと称されたことに起因している。とはいっても、チベット族やウイグル族などのように、回族は人口の大半が特定の地域に集中して居住しているわけではないため、これらの両集団との間に見られるように、非常に大規模な紛争となるまでには至っていない。しかし、1975年雲南省で発生した事件、あるいはウルムチ事件などでは、回族の反漢族感情をさらに激化させるものであった。なお近年少数ではあるが、大都市やその周辺部に居住する回族の若者の間には、イスラム教の信仰を放棄する人々が増加する傾向が見られる。そのため、従来では見られなかったことであるが、回族の間で、互いに意思の疎通を欠くことが多くなってきているとされている。(金丸〕

『中国少数民族事典』(東京堂出版 2001年)

写真は「中国各民族」中国民族撮影芸術出版社による


BACK

――――BBC世界の屋根探険会 烏里 烏沙 制作・2003年3月8日――――